E-LINE 矯正歯科

  • 院長紹介
  • 矯正治療について
    • こどもの治療
    • おとなの治療
    • 表側からの矯正
    • 裏側からの矯正
    • ホワイトニング
    • Q&A
  • 医院案内
  • 治療費
  • アクセス
  • お問い合わせ

診療カレンダー

E-LINE 矯正歯科

こどもの矯正

矯正治療とは、歯並び、咬み合わせの改善を目指した治療です。
より理想的な歯並びのためには、
上下のあごのバランスが良好であることが大切です。
こどもの矯正は、乳歯から永久歯が生えそろうまでの期間に、
大人にはない成長を利用してあごのバランスを整えたり、
歯の生え変わりを誘導するなどして理想的な咬み合わせに導くものです。

こどもの矯正、そのメリット

永久歯が生えそろう以前の
「乳歯と永久歯が混在する時期」に行う治療を前期治療といいます。
前期治療は、成長を利用して治療をすることにより様々なメリットがあります。

※後期治療…歯の一つ一つにブラケットを装着するマルチブラケット治療(おとなの矯正治療)

小学校に入学したら…

お子様の歯並びが気になるようであれば、
小学校入学時を機に一度矯正相談にいらしてください。
矯正歯科専門医であれば、その時点での不正咬合の状態を診査し、
治療が必要な状態かどうか、もし必要ならいつから始めたら良いか、
どのような治療になるか、等適切なアドバイスをいたします。

治療の流れ

  1. 矯正相談

    簡単な審査を行い、治療の概略(どのような治療になるか、その費用等)についてお話しします。

  2. 検査・診断

    口腔内診査、レントゲン撮影、歯型、写真等を取り、それらを元に治療内容、使用する装置を含めた診断を行います。

  3. 前期治療

    診断に基づき、矯正装置による治療を行います。そして、年に一回、初診の検査に準じた資料を取り、治療効果の判定、装置の変更が必要かどうかを判断し、治療を継続します。

  4. 前期治療終了時

    第二大臼歯(前から7番目の歯)が生えてくるまで、思春期成長が落ち着くまでが、前期治療終了の目安です。この時点で、前期治療で治療が終了できるか、後期治療(マルチブラケット装置による治療)が必要か、判断します。

  5. 後期治療
    [動的治療]2〜3年

    歯を抜くか抜かないか診断し、
    マルチブラケット装置による治療。

    [保定治療]最低2〜3年

    綺麗になった歯並びが安定するまで、
    保定装置(リテーナー)を装着します。

!

治療開始前にしておかなければならないこと

虫歯がある場合は、
その治療を矯正治療開始前に済ませておきます。

治療例

代表的な、装置による治療例です。
このほかにも、症状によりさまざまな治療法があります。

叢生(そうせい)の場合

取り外しができるので、在宅時、及び就寝時に使用します。
1〜2週に一度ネジを回して装置を広げていきます。

取り外しのできない装置ですが、治療効果は早く現れます。
ワイヤーの弾力を利用します。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)の場合

ヘッドギアによる治療

主に就寝時(一日10時間程度)装着します。
上顎の成長を抑えることで、上下の顎のバランスを改善します。
とてもポピュラーな装置で、
ディズニー映画「ファインディングニモ」の冒頭シーンで
この装置をつけている女の子が登場します。

バイオネーターよる治療

取り外しができるので、在宅時、及び就寝時に使用します。
下顎の成長を促すことで上下の顎のバランスを改善します。

下顎前突(じょうがくぜんとつ)の場合

上顎前方牽引装置による治療

主に就寝時(一日10時間程度)装着します。
上顎の成長を促し、併せて下顎の成長を抑えます。

開咬(かいこう)の場合

舌のトレーニングによる治療

開咬は、主に舌が前歯を押すことによって起こりますので、
トレーニングによりこの舌癖(ぜつへき)を改善することが基本です。
場合によっては、このような装置を併用することもあります。