E-LINE 矯正歯科

  • 院長紹介
  • 矯正治療について
    • こどもの治療
    • おとなの治療
    • 表側からの矯正
    • 裏側からの矯正
    • ホワイトニング
    • Q&A
  • 医院案内
  • 治療費
  • アクセス
  • お問い合わせ

診療カレンダー

E-LINE 矯正歯科

E-line矯正歯科の裏側治療

矯正治療において、歯科医に求められるのは「専門の知識と技術」
「歯の動きを予測するセンス」と言えますが、特に裏側からの治療においては、
表からに比べ、これらの能力が一層必要となります。
ですから、裏側治療の場合、熟練と豊富な治療経験が結果に大きな影響を及ぼすのです。
また、表側からの治療実績がいくら豊富でも、裏側治療の技術が高いことにはなりません。

E-line矯正歯科では、WSLO(世界舌側矯正歯科学会)認定医の取得など、
これまで多くの学会等で研鑽を積み、裏側治療の技術と専門性を高めてまいりました。

裏側矯正のメリット

  1. 外からは装置が一切見えないので、誰にも気づかれずに治療できる。

    成人女性の方、人と接する機会の多い方などにおすすめします。

  2. 表側からの治療に比べ、治療中に虫歯になるリスクが少ない。

    歯の裏側は表側よりエナメル層が3倍ほど厚く細菌に強いことや、
    裏側には常に唾液が循環し洗浄されていることや、
    舌が常に動いているので、
    表側に比べると汚れが比較的つきにくいため。

裏側矯正のデメリット

舌が装置に触れるため違和感を生じることがある。

話しづらい(特にサ行、タ行、ラ行など)、
食べにくい等が挙げられますが、ほとんどの場合、
2週間〜1ヶ月ほどで慣れていきます。
(個人差はあります。)

過去に矯正相談に行かれた際に歯科医から、
「裏側からではきれいに治らないので表側にしましょう。」
「あなたの場合、裏側からは無理です。」
「裏側からだと時間がかかりますよ。」
などと言われ、裏側治療をあきらめていた方は
ぜひ一度当院にいらしてください。
E-line矯正歯科では、表側からも裏側からも治療結果、
期間に違いはまったくありません。

当院では、裏側治療を受けるために
道内・道外各地から多くの方が来院されていますが、
治療を終え、満足された笑顔を見るのが
私たちにとって大きな励みとなっています。

当院で使用する裏側の装置

ALIASのイメージ

ALIAS(アリアス)

2015年に登場した舌側矯正装置。Dr.竹元とDr.Scuzzoの開発による従来の「STbブラケット」がさらに進化し、「より確実」「より早く」「より快適」な治療を実現させました。

HARMONYのイメージ

HARMONY(ハーモニー)

ハーモニー・システムは、フランスで開発されました。コンピューター解析技術を駆使することで、患者さんの負担を減らし、かつ歯を正確な位置に動かします。装置の作成はフランスのLaboで行うため、セットするまでに約5週間かかります。

CLIPPY-Lのイメージ

CLIPPY-L(クリッピーL)

ブラケットに独自のクリップ構造を導入することで、従来のものに比べ摩擦抵抗が少なく、歯が動きやすい装置です。