E-LINE 矯正歯科

  • 院長紹介
  • 矯正治療について
    • こどもの治療
    • おとなの治療
    • 表側からの矯正
    • 裏側からの矯正
    • ホワイトニング
    • Q&A
  • 医院案内
  • 治療費
  • アクセス
  • お問い合わせ

診療カレンダー

E-LINE 矯正歯科

院長紹介

院長 歯学博士 上野 拓郎 TAKURO UENO

1986年
北海道大学歯学部卒業
北海道大学歯学部歯科矯正学講座入局
1993年
学位(歯学博士)取得
日本矯正歯科学会認定医取得
1997年
E-line矯正歯科開業
1999年
日本矯正歯科学会指導医取得
2006年
世界舌側矯正歯科学会(WSLO)認定医取得
2007年
日本舌側矯正歯科学会Active Member取得
2008年
日本矯正歯科学会専門医取得

所属学会

日本矯正歯科学会/北海道矯正歯科学会
世界舌側矯正歯科学会/日本口蓋裂学会/日本顎関節学会
日本抗加齢医学会/日本アンチエイジング歯科学会

矯正専門医とは

患者様が安心して矯正治療を受けるためには、
「矯正専門医療機関」であることが大変重要な判断基準になるでしょう。
現在全国で矯正治療を手がけている歯科医師の総数は約20,000名。
そのうち、日本矯正歯科学会が認定する「認定医」は約3,000名。
さらに高い専門性と技術レベルが要求される「専門医」の資格は、
その10分の1の約300名しかおりません。(2015年現在)

日本矯正歯科学会 認定医

矯正歯科医としての基本的な資格です。

  • 歯科医師免許取得後5年以上学会会員であること
  • 学会指導医のもとで5年以上矯正歯科研修を修了したもの
  • 学会誌等に臨床に関する論文を発表したもの
  • 学会の定める試験に合格したもの

日本矯正歯科学会 指導医

認定医の育成、および矯正歯科医療における
指導的役割を果たすものとしての資格です。

  • 12年以上継続して学会会員である
  • 12年以上臨床、教育、研究に専従しているもの
  • 3年以上の教育歴および相当の研究業績を有するもの

日本矯正歯科学会 専門医

認定医を取得していることを条件として、
さらに高度な専門技術と知識が必要とされる資格です。

  • 認定医であること
  • 10年以上継続して学会会員である
  • 学会誌等に臨床に関する報告を発表したもの
  • 10種類の課題症例を提出し、学会の定めた基準を満たしたもの

※5年ごとに更新手続きを行い審査に合格しなければ専門医資格を喪失する。

専門医精度について

世界的に知られる矯正専門医資格として
EBO(European Board of Orthodontics)、
ABO(American Board of Orthodontics)
があります。
日本の専門医資格審査は、これらと並び非常に高い技術レベルが求められます。
さらに、EBO、ABOの専門医資格は一度取得すればその先ずっと保証されるのに対して、
日本の専門医は5年ごとに更新審査があります。